承継パターン:第三者承継
相談者   :承継者(朝来市内事業者)
相談時期  :2018年6月
承継年月  :2018年8月

相談者(承継者)の概要
事業所名:STORONG DEPOT(承継前:平山接骨院)
代表者名:代表 平山 克士 氏
URL:https://strongdepot.jimdo.com/ (ジム) https://strongdepot.com/(ネット販売)
住所:朝来市立野
事業経歴
2011年5月6日  接骨院開業
2017年12月   トレーニングジム開業

相談内容
相談者より、「トレーニングジム開設時に助言をいただいた取引先より、『トレーニングマシン販売事業を引き継いでくれないか。』と打診を受けた。」とのことでした。事業を引き継ぐに当たっての助言、各種支援内容についてご相談を頂きました。

被承継者(事業を譲渡希望であった方)の概要
事業所名:STRONG DEPOT
住所:大阪府大阪市城東区
事業内容:トレーニングマシン販売事業

支援内容
まず、被承継者の具体的な事業内容、承継者(平山氏)の今後の事業の方向性についてのヒアリングを行い、改めて専門家(中小企業診断士)同席のもと、再度、詳細についてのヒアリングを行い、問題点、承継時の注意点について確認を行いました。その中で、事業承継後の売上、収益予測を立てると同時に事業計画の策定を行うように助言しました。
事業計画を策定していく中で、大阪営業所での新たな雇用が必要となることや承継先のホームページのリニューアルが必要となるということでした。すると相談時期が、中小企業庁の事業承継補助金の公募期間内であった為、同補助金のご説明をさせていただいたところ、申請されるとのご返事をいただきました。申請にあたって、補助金審査の中で加点となる経営力向上計画についても合わせてご作成されることをお勧めさせていただいたところ、併せて申請するとのお返事をいただき、事業承継補助金申請と経営力向上計画申請支援も合わせて行わせて頂く形となりました。

そして、事業承継補助金も採択されることとなり、8月に事業引継ぎを行いました。引継ぎと合わせて屋号についても承継先の屋号に変更されました。承継後、倉庫兼展示場とし大阪に店舗を構える形となり、情報共有には新たにネット販売を強化、販売管理システムを導入し、新業務体制を構築し事業を拡大しておられます。
事業引継ぎ後についても、継続的に伴走支援を行っており、経営革新計画策定支援(申請中)、ものづくり補助金申請支援を行いました。

事業承継補助金申請概要
事業計画名:トレーニング機器販売を行いトータルフィットネスサポート事業の展開

内 容:既にトレーニング器具の販売を行っている事業主から事業を引き継ぎ、既存顧客の引継ぎに加えて、承継後には、新たな市場へ展開するために、「器具の買取」および「機器・販売」を促進していく。同時にインターネット経由販売を展開して全国展開へ挑戦する。 

 

承継後結果・成果等
・STRONGDEPOT 代表(変更)・新しい顧客・取引先増加・売上向上
・事業承継時経費軽減・雇用創出・多店舗展開(2店舗目)
・HPネット販売アクセス増加・新商品開発(自社マシーン)

 

支援状況
・専門家派遣制度を活用
・講習会参加
 「あさご創業塾」 「もうけま専科党大会 経営革新塾」「事業計画策定セミナー」等

 

【補助金・施策実績】
 ・「事業承継補助金」(国)・「にぎわい創出事業」(朝来市)・「経営革新承認 」(兵庫県)
・「創業補助金」(国)・「小規模事業者持続化補助金」(国)・「ものづくり補助金」(国)